家庭料理技能検定

子育ての新常識!自炊力のススメ子どもの自炊の学校

動画を見てみる!

子どもの将来が心配なお母さんへ

調理の様子

子どもに幸せに生きてほしいと
親なら誰でも願うでしょう。
今は何でも、やってあげられても、
近い将来子ども達は自分で
生きていかなければならなくなります。
私達親は子どもに何をしてあげればいいのか。
私は「食べること」を教え、「生きること」を
学ばせることが、勉強や運動の前に、
必要なことだと感じます。
自分の身体と心は自分で守り、
未来を大きく広げて行けるよう
「今の時期」が大切です。

「強く生き抜く子ども育てたい」「子どもの可能性を広げたい」こんな願いを持つお母様が増えています。

子どもの やる気、表情が変わった!

我が子にも自炊の知識を身に付けさせたい!そんなお母さんの願いにお応えできるように子ども料理教室を動画で学べる講座をご準備しました!

調理の様子

↓

子育ての新常識!自炊力のススメ 子どもの自炊の学校 動画で学べる、通信講座スタート 料理でひろがる、子どものみらい 3か月間の動画で学ぶ子ども料理教室

食べたいもの・自分の体に必要なものを
1人暮らしになるまでに作れるようになるための
基礎知識をお母さんと学び、実践するカリキュラムです。

〜自炊の学校が大切にしてること〜

小学校の家庭科の授業ではダメなの?

学校の調理実習は5年生くらいから始まる所が多いようです。
また家庭科の授業は裁縫など決められたカリキュラムがあり
調理実習の時間は多くはありません。
年に数回の調理実習だけでは、なかなか自炊をするところまで
学校の家庭科だけでは難しいのかもしれません。

調理の様子

「お母さんといっしょ」が大切。

食の知識ももちろん大切ですが
お母さんと学べることが子どもに
温かい記憶として残ります。

調理の様子

今の貴重な時期にお子さんのために「残せる」ものは何ですか?

私たち大人は、お子さんとずっと一緒にいることはできません。
子どもとの限られた時間にお母さんが子どもに「残せる」もの

「自分で食べて生きること」

日常の中での、何気ない会話や毎日のご飯、
その中に込められた、大切なお子さんや家族を想う気持ちは
あなたが思っている以上に、お子さんの心に刻まれていきます。

・・・

自立

近い将来子どもは必ず自立します

子どもの未来の「備え」は貯金だけではありません。
子どもが実利した後の親の心配は
「ちゃんと食べて、元気にしているだろうか」です。
「自炊を教えておけばよかった」と後悔しない子育てをするために
子どもに「自炊」を教えてみませんか?

便利な世の中

便利な世の中だけど、失われる身体と心の健康

便利なコンビニや外食チェーンが点在しているのですから、
24時間食べるものは手に入り、
自炊を身に付けなくても生きてはいける飽食の時代です。
確かに出来合いの物を買えば時間もお金も節約できて
一見良いことづくしのように感じます。
ただ、食事が貧しくなると身体も心も寂しくなり、
社会問題の裏側には食の寂しさがあるいう専門家も少なくありません。
温かい食事は身体の健康を守るだけではなくて心も守っているのです。

赤ちゃん

子どもの達の身体に表れる変化

今、子どもたちを悩ませている病気の中で
一番多いのが、アレルギー疾患です。
2人に1人の割合で何らかのアレルギー症状が
認められるというのが最近の状況です。
昔と比較すると学童の気管支喘息はこの30年間で10倍に、
アトピー性皮膚炎も5~10倍に増加しています。

お子様の未来どちらを選択しますか?

お料理がはじめてのA子ちゃんの場合

初級コース 基本を楽しく学んで行きます。(対象年齢:3才〜) お家で、親子一緒に動画を見ながら2ヶ月間で学べる講座です 希望者は、家庭料理技能検定5級の受験もできる学習内容です。

家庭料理技能検定

初級コースの流れ

講座の内容

1人暮らしになるまでに作れるようになるための
基礎知識をお母さんと学び、実践するカリキュラムです。

●初級コース(毎回5分~10分程のオンライン動画)

◇座学の講座(毎回15分~20分程のオンライン動画)
その他特典

「自炊の学校」会員限定のグループにご招待します。
子どもさんとお料理を作った時にシェアしていただいたり、子どもの食の
お悩み相談、月に1回のZOOMお茶会をしながら交流をしていきましょう!

よくあるご質問

  • 初心者ですが大丈夫ですか?

    初めてのお子様は全てが初めて聞く内容なので少し時間がかかるかもしれませんが、6年生までに覚えてもらうという目標で楽しんでいただきたいです。

  • 子どもが続けてくれますか?

    子どもさんがやりたいと言った時に集中してやるのが望ましいですが、やる気がでない時期は焦らず少しずつ進めて下さい。
    集中力が持つように短期講座でもあるので、親子で一緒に頑張りましょう。

  • 習い事で忙しいのですが大丈夫ですか?

    座学も毎回15分以内程度なので、時間がある週末に聞いて、週末にご飯を子どもと作るようにすれば無理なく勉強できるカリキュラムです。

  • 何歳から受講できますか?

    お母さんと一緒なら年長さんくらいからできますが、1年生くらいからが丁度いいと思います。
    早く始められても、ゆっくり何度も繰り返して、日常の中で勉強できることを目標にされることが望ましいです。

  • お申込みについて

    入校のお手続き

    ★初級コース、応用コースそれぞれ3ヶ月程度で受講いただける内容です。

    料金表

    応用コースには初級コースを受講後、入校できます。
    ※表示価格は全て税込です。
    ※講座価格には、テキスト代(郵送)が含まれます。
     希望者にはオンラインZOOM勉強会60分1回も開催。
    ※講座受講後も動画は継続して視聴いただけます。

    こちらの申し込みフォームからお申し込みいただけます。

    お申し込みフォーム

    入校の流れ

    先生

    初めまして。
    LOVEらぼキッチンの子ども料理教室主催の江夏です。
    私が自炊を始めたのは小学生でした。
    両親が仕事で忙しく、母が体調を崩した家庭環境だったので、
    家族の為に高校生まで夕飯を作ることが日課でした。
    「お姉ちゃんのご飯美味しい」弟に言われることが
    嬉しくて、もっと美味しく作りたいと努力しました。
    自炊ができたことで、1人暮らしをした時も生活に困りませんでした。
    家族、友達、親戚を「元気づけたい時」「ありがとうを伝えたい時」
    そんな時に料理を作り続け、喜ばれたことで
    人生がどんどん広がっていきました。
    手作りの料理を食べることは自分の為に
    「時間と手間」をかけて作られたものを
    食べているという愛も受け取っているといつもお伝えしています。
    料理にはお腹を満たすだけではなくて、心を満たす力があります。
    これからの時代はIT社会で便利さがさらに加速していくと言われます。
    しかし、食の質の部分は豊かさと離れているような気がします。
    「子ども達が自分の身体と心を自分で守れるように」
    一緒に自炊を教えて、更に人生を広げていけるように
    未来に備えてみませんか?

    ^